はわろぐ

信じて・・・こころがときめいた瞬間を

[さくらさくら] さくらの終わりの季節

桜菜々子応援します!

タイトル さくらさくら
ブランド ハイクオソフト
発売日 2009/06/26
価格 ¥9,240
ジャンル 学園寮恋愛シーソーゲーム(ADV)
カテゴリ 学園 , 三角関係 , 恋愛 , ラブコメ
原画 カスカベアキラ , 緋賀ゆかり , 木谷椎(Xsara)
シナリオ たとむ , keikei , 速水漣(シナリオ補佐)
音楽 響那良
アーティスト 茶太 , yuiko
声優 まきいづみ(桜菜々子) , 青山ゆかり(桐島さくら) , 榊原ゆい(立花くるみ ・ 高田さん) , 金松由花(新田晶) , かわしまりの(須賀萌) , 城崎彦太(布施直樹) , ヘルシー太郎(吉岡正志) , 若松洋介(野口多紀) , 都夢繰豆(美東先生) , 黄河ユウ(サブ) , おおくぼけんたろう(稲葉 徹) , 秋原葉(キモタク) , 町田あみ(三井) , 如月葵(千代田) , yuiko(相原英世) , 日向苺(智子) , 結月そら(洋子) , 雪村麻友(その他)
インストール容量 3.04GB
CG枠 110枠
回想 115枠 (Hシーン 27枠)
音楽 23曲
ボーカル曲 3曲
OP : 「see-saw!!」 (茶太)
挿入歌 : 「」 (茶太&yuiko)
ED : 「place」 (yuiko)
点数 80点 プレイ時間 43時間
シナリオ ★★★☆☆ 演出 ★★★★☆
★★★★★ ゲーム性 ★★☆☆☆
キャラクター ★★★★★ エロス ★★★☆☆
音楽 ★★★☆☆ システム ★★★☆☆

 

最初にプレイ開始したのが2012年2月。
そこから約9ヶ月の休止を挟んだのちに、ようやくクリアです。

 

 

 

◆シナリオ(★★★☆☆)

学園寮を舞台に繰り広げられる愉快な三角関係を描いたラブコメアドベンチャー!
ということで、主人公+二人のヒロインとの三角関係を描いた作品。

シナリオは大まかに三部構成に分かれている。

さくらさくら

第一部、主人公・稲葉徹と桜菜々子・桐島さくらの二人との出会い。
第ニ部、サブキャラの布施直樹が主人公になり、立花くるみ・新田晶との三角関係が描かれる。
第三部、主人公・稲葉徹と結ばれたヒロインとの後日談。

 

ちょっと面倒なのが、ルート制限がかかっていること。
第一部で菜々子とさくらの両方のルートをクリアしなければ次のシナリオに進めない。
同様に第二部でも、くるみ・晶の2ルートをクリアしなければ次に進めない。
というわけで、一人のヒロインを集中して攻略、ということができないのが煩わしいかもしれない。
特に第二部では主人公が変わり攻略ヒロインも変わるので、これを強制でプレイさせられるのは結構めんどうか。

 

シナリオ内容としては、普通の学園ラブコメといった感じか。
普通っていうのは特に超展開とか、鬱展開もなくハッピーエンドって感じ。
三角関係がテーマなので、ヒロイン同士がお互い嫉妬しあってやきもきしてるのを見るのを楽しむ。

普通の学園モノって結構退屈になったりするのが多いんだけど、
このゲームはキャラの掛け合いもテンポよく楽しめた。
テンポのよさには地の文がほとんど無いというのがあるかな。
ほとんどキャラのセリフのみで進行するので、テキストを読むという感覚があまりない。
地の文はHシーンのときくらいしか無かったような。

 

気になるのは美術の名門学園という設定なのに、
タチの悪い美術部員やチンピラ学生、ヤクザモンがよく出てくる。
美術部の新入部員が11名しかいなく、うち未経験者7名とかだったり、
剣道部や体操部は特待生を取るわりに廃部寸前とか。
いろいろと設定に見合わない話が多かった。

 

 

 

◆絵(★★★★★)

・原画

カスカベアキラ 桜菜々子、立花くるみ
緋賀ゆかり 桐島さくら
木谷椎(Xsara) 新田晶

 

・CG枠数

桜菜々子 32枠
桐島さくら 30枠
立花くるみ 14枠
新田晶 12枠
その他 22枠
合計 110枠

全体的にCGの質は良い感じ。
特にカスカベアキラ氏の原画が可愛い。
桐島さんとか若干変なCGあったりするけど、まぁ許容内か。

 

さくらさくら

SD絵などのカットインも豊富でシーンを盛り上げています。

 

さくらさくら

ドット絵で描かれた寮内のミニマップもあったりと、なかなか凝っている。

 

◆キャラクター(★★★★★)

・桜菜々子 (CV.まきいづみ)
運動部の住む学生寮・月見荘の寮母を兼任する数学教師。
家庭的で献身的と非の打ち所がないw

さくらさくら

朝にやさしく起こしてくれるラブラブモーニンクシーンは、萌えゲーには標準搭載してほしいシーンだw
目覚まし音に設定します!

 

・桐島さくら (CV.青山ゆかり)
美術部副部長のクールビューティー。
気が強そうでいて、結構弱い部分も多い。

さくらさくら

ド素人の主人公が美術部に入部するためにあれこれ面倒を見てくれる。
俺も美術とか全然できないので、こうやってしっかり教えてもらいたかったw

 

・立花くるみ (CV.榊原ゆい)
第二の主人公・布施直樹のネット幼なじみ。
直樹とは昔、ネットゲームで知り合った仲。
しかしそのネトゲは突如運営停止してしまい、お互い音信不通になってしまった。

さくらさくら

ネトゲの知り合いとリアルで会うとか、ちょっと怖いなww
女の子かと思ったらオッサンとかだろうしww

 

・新田晶 (CV.金松由花)
第2の主人公・布施直樹のリアル幼なじみ。
第一印象はガサツに見えるが、幼い頃から直樹に一途とわりと乙女。

さくらさくら

実は、晶はMらしいww
ツンデレタイプはツン部分があまり好きになれないんだよなあw

 

・その他
直樹はいわゆる悪友ポジで金に汚いw
正志は妹がらみの話をもうすこし掘り下げて欲しかった。
アルマジロの高田さんのCV.榊原ゆいさんは芸達者だなw
須賀部長はオデコ。

 

キャラクターはとりあえず菜々子先生がダントツすぎて、ほかはいい引き立て役だったw

 

 

◆音楽(★★★☆☆)

OPの「see-saw!!」はタイトル画面でも流れるので
起動するたびに、ァワンーァツーって耳にこびりついたw

挿入歌、EDもハッピーエンドな雰囲気でてる。

 

◆演出(★★★★☆)

立ち絵に目パチ口パクがあるのはそこそこあるが、
イベント絵にも目パチ口パクがあるのはあまり見ないかな。

キャラクターの豊富なカットインのほかにも、
携帯などの小物カットインも豊富に出てくる。
地の文の代わりに、そういう演出物で語る感じか。

 

◆ゲーム性(★★☆☆☆)

ゲーム内で登場するアイテムや、サブイベントのレコードリストがあり、
ちょっとした収集要素がある。

さくらさくら

中にはそのアイテムに関するショートエピソードなどもあったりと遊び心もある。

 

サブイベントは寮内ミニマップ探索に隠されたイベントポイントを発見すると発生。
選択肢などで変化するのかよくわからないが、こまめに探したつもりでもオールクリア時点で2/3ほどしか埋まってなかった。
残りを最初から探すのはさすがにめんどすぎるので、コンプセーブぶっこんでしまったぜ・・・。

 

◆エロス(★★★☆☆)

・Hシーン回想数

桜菜々子 7枠
桐島さくら 6枠
立花くるみ 7枠
新田晶 7枠

 

回想はCGごとに分けられているので、
実質のシーン数はこれよりすこし少ない。

純愛エロシーンばかりなので少々エロさ的には物足りない気もしたが
まぁ尺も普通だし、及第点か。

さくらさくら

くるみの全エロシーンでおっぱいが完全にガードされてたのが唯一の不満www

 

◆システム(★★★☆☆)

システム周りは音声カット設定がフェードアウトなのが微妙で、
その他はほぼ普通かな。

 

◆総評

シナリオはちょっとご都合的な部分も多かったが、
まあキャラの魅力は出せていたかな。

メインヒロインが一番好きなキャラになるっていうのは意外と少ないが、
今回は菜々子先生最高でしたので、それだけでも満足の80点ですw

FDのほうももうすぐ出そうな、でもまた延期しそうな感じだが、
とりあえずその前にクリアできてよかった。
次のさくらの季節も期待です。

2013年02月28日 22:57 - Posted by | エロゲ, エロゲ感想 |

1件のコメント »

  1. そういえば、さくらさくらはヒロインがまきいづみと青山ゆかりだったんだなw
    ノスタルジーカやってたから少し気になったw

    おっぱいガードはFD期待か?w
    今年もさくらは咲かないかもよ(ダメーポw

    コメント by サブ | 2013年03月01日 23:40


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中