はわろぐ

信じて・・・こころがときめいた瞬間を

[ネこグリ。] 異界は不可侵 アトラクション

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~

タイトル ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~
ブランド Frantic LABO.
発売日 2011/10/21
価格 ¥6,090
ジャンル ネクラポップAVG
カテゴリ 学園 , 女子学生 , ホラー , ラブコメ
原画 水上凛香 , 櫻野露
シナリオ 保桜
音楽 電気式華憐音楽集団
アーティスト 電気式華憐音楽集団
声優 姫川あいり(黒瓜ミサ) , 柚木かなめ(堂島さゆ) , 青葉りんご(神野のの) , 鈴田美夜子(渡辺・W・玲夏)
インストール容量 1.61GB
CG枠 40枠
回想 6枠
音楽 16曲
ボーカル曲 2曲
OP : 「Nekuraholic」 (電気式華憐音楽集団)
ED : 「Loveholic」 (電気式華憐音楽集団 & arisa)
プロテクト なし
点数 55点 プレイ時間 12時間
シナリオ ★★☆☆☆ 演出 ★★☆☆☆
★★★☆☆ ゲーム性 ★☆☆☆☆
キャラクター ★★★☆☆ エッチシーン ★★☆☆☆
音楽 ★★★★☆ システム ★★☆☆☆

 

マビノギ英雄伝が下火になり時間ができはじめたので積みゲー消化開始です。
2~4月に検討作が多いのでサクっと終わらせようと始めたネこグリ。
予想以上にサックリ終わってしまったw

 

 

 

◆シナリオ(★★☆☆☆)

ある日転校してきた黒瓜ミサに、些細な事故から恥をかかせてしまった主人公は、
学校から出られなくなる呪いをかけられてしまった。
なぜか呪いをかけたミサ自身も同様に呪われてしまう事態に・・・!

痛快ネクラポップアドベンチャーと銘打たれた本作。
PVやOPは変なハイテンションでギャグをやっていたりして、
ゲームのほうもぶっ飛んだ超展開でも起こるのかなって思ったが、
思ったより普通のゆるいコメディで内容も薄く本当にあっさりと終わってしまった。

 

ルートは、黒瓜ミサ・堂島さゆ・神野のの、の3人。
選択肢は5つくらいかな。
大筋はどのルートも同じで、試練を乗り越え、ヒロインとイチャコラしつつ、
ラスボスの魔術書を封印し、無事に呪いを解いてハッピーエンド。

試練は、教室が迷路になったり、幽霊がでたり、ジェットコースター、だるまさんがころんだ、などなど、
ほとんど遊びのような内容ばかり。
究極の魔術をを求めて、邪魔者は呪ったり殺したりしていた人がこんなお遊びな試練でいいんですかw
そもそも試練ではなく、ミサの持つ魔術書を奪う手段とか言ってたけど。
それはそれでほんとに奪うつもりがあるとは思えんがw

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~

下着じゃなくて本を奪えよwww
明確に本を奪いにきたのって1回だけとかだったような。

敵の魔術書「上弦の書」が試練をしかけてくるのに、
ミサの持つ魔術書「下弦の書」が試練の予告してくるのがよくわからない。
試練をクリアすると切り取られた下弦の書のページを入手できるが、
いつ誰がページ切り取ったのか触れられてない。
伏線とかつじつまとか適当そうだなとありありと感じるw

 

キャラの掛け合いなんかはそこそこ面白かったので
あまりなかだるみせず終われたのはよかったか。
ボリュームないせいともいう。

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~
ミサ「ここぞという時のために体力は温存しておきたいですし」

二人で試練に挑めというのに対して、誰を選ぼうかというとき。
ミサのネクラ発言はなかなか面白い。

おまけでクリア後にアフターストーリーが解放されるが、
これはほぼエッチシーンの補完のようなもの。

 

 

◆絵(★★★☆☆)

黒瓜ミサ 13枠
神野のの 13枠
堂島さゆ 11枠
その他 3枠

メイン原画が水上凛香氏で、サブが櫻野露氏かな。
絵を見てて、どちらがどれを描いているのかよくわからなかった。

立ち絵とかキービジュアルとかは問題ないが、
サブヒロイン勢や、エッチ絵系はなんだか微妙なものが多い。
立ち絵のデキが一番よくて、それをイベント絵でも維持できてればよかったな。

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~

ミサは全体的に可愛くてよかった。

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~

他のイベント絵ではガーターベルトがあったのに、肝心のエロシーンにないなんて分かってないなww

 

 

◆キャラクター(★★★☆☆)

・黒瓜ミサ (CV.姫川あいり)
ネクラで怖がりで人任せでだらしないがプライドは高いという、なかなかのオモシロキャラ。
独占欲が強くて付き合い始めたら、自慢気になるところとかウザカワイイw

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~

ちょっと早とちりしちゃって、先走って告白しちゃった可愛いw

・堂島さゆ (CV.柚木かなめ)
主人公の幼なじみで、世話焼きでお母さん的なキャラ。
さらに現実主義者でオカルトの類を全く信じていない。
ルートでは意識しすぎて冷たい態度をとったり、
嫉妬から横暴な態度をとったりと、なかなかのウザキャラにw

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~

まじウザくてルート後半はきつかったなw

・神野のの (CV.青葉りんご)
ある事件から不良扱いされているが、実は恥ずかしがり屋。
イタコの家系で、極限に達すると霊に取り憑かれ暴走してしまう。
CV.青葉りんごさんだが、よくある小煩い系ではないので悪くなかった。

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~

いろんなタイプのキャラを演じてほしいものだ。

・渡辺・ウィンチェスター・玲夏 (CV.鈴田美夜子)
超金持ちでやりたい放題な先輩。
親父臭いところとか、すげー鈴田美夜子っぽいw
ルートがないのが本当に残念だ。

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~

賑やかし役が合っているな鈴田美夜子さんは。

 

 

◆音楽(★★★★☆)

楽曲担当は電気式華憐音楽集団です。
BGMはまぁ特に言うことはないけど、
OPED曲は気にいった良曲。
初回特典についてたOPのリミックスも良かった。

 

 

◆演出(★★☆☆☆)

特に目を引くものはなし。

 

 

◆ゲーム性(★☆☆☆☆)

特になし。

 

 

◆エクスタシーン(★★☆☆☆)

エッチシーンはヒロイン3人2回ずつ。
本編終盤に1回と、おまけアフターで1回。

ミサとののは、フェラ→挿入の流れだったのに
さゆだけ、手コキ→挿入とか残念すぎたw

尺も短めだし、絵もいまいちだしで、エロさは全然ないw

ネこグリ。~ネクラと恋のグリモワァル~

フェラシーンもほとんどセリフばかりだったので、あまり音を楽しめなかったな。

 

◆システム(★★☆☆☆)

音声キャンセル設定もないし、テキストウィンドウの透過率もなくて環境性能は低い。

 

 

◆総評

発表から1年以上期間をかけてこれでは、
デンカレライブの予約コードのおまけについてくるゲーム、とか揶揄されても仕方がないw
デンカレ絡んでなかったら完全に空気だったろうな。
クソってほどひどくはないが、キャラが可愛いとか、絵はいいとか突出してるわけでもない。
どうにも中途半端で良いも悪いも話題になる要素がない。
凡作っていうのはこういうものを言うんだと、思い知った。
ということで残念な55点です。

2012年02月17日 11:38 - Posted by | エロゲ, エロゲ感想 |

まだコメントはありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中