はわろぐ

信じて・・・こころがときめいた瞬間を

[ク・リトル・リトル] 今回の”世界”は終了といたします。永らくお疲れ様でした。

「ク・リトル・リトル ~魔女の使役る、蟲神の触手~」応援中!
タイトル ク・リトル・リトル~魔女の使役る、蟲神の触手~
価格 9,240 (税抜8,800)
ブランド Black Cyc
発売日 2010/03/26
ジャンル 伝奇系触手バトルADV
カテゴリ アドベンチャー、触手、伝奇、バトル、スカトロ
原画 椎咲雛樹、金たロウ
シナリオ 伊藤ヒロ、坂東真紅郎、竹本みかん、 武藤礼恵、五月雨だるま、晴口大輔
音楽 電気式華憐音楽集団
アーティスト 電気式華憐音楽集団
声優 澄白キヨカ(オーガスト) , 榎津まお(加藤兎子) , 愛媛みかん(露木雫) , 野宮香央里(久世こいぬ) , みすみ(片桐 マコト) , 芹園みや(六車あんじぇ) , 西野みく(狩野たんぽぽ) , 黒岩心々(長政左子、長政右彦) , 渋谷ひめ(神部クズコ) , おぼれ谷リアス(五條チヒロ) , 鈴谷まや(クレオ) , 富樫ケイ(タエ) , 立花十四郎(ランディ) , 藍川珪 , 天野れん , 霧島はるな , ひうらまさこ , 美澄すい(兎子の母など) , 植木亨 , 島田友樹 , 柊唯也
インストール容量 1.74GB
CG枠 82枠
回想 105枠 (Hシーン以外を含む)
音楽 20曲
ボーカル曲 2曲
OP: Elder Things (電気式華憐音楽集団)
ED: Melancholic Rhythm (電気式華憐音楽集団)
その他  
点数 85点 プレイ時間 41 時間
シナリオ ★★★★☆ 演出 ★★★☆☆
★★★★☆ ゲーム性 ★★☆☆☆
キャラクター ★★★★★ エクスタシーン ★★☆☆☆
音楽 ★★★★☆ システム ★★★☆☆

 

終わってしまいました「ク・リトル・リトル」。
回想・CG100%達成。

◆シナリオ(★★★★☆)

ルートは大まかに4人のキャラから成る。
オーガスト・兎子・こいぬ・マコトの4人+真ルート。
普通のゲームのような、主人公と結ばれるヒロイン、という括りではなく、
それぞれが主人公となり、それぞれの視点で物語が進行していく。
普通のエロゲ的な意味で”あのキャラを攻略したい!”とか考えるのはやめましょうw そういうゲームじゃないんで!

『アオゾラ』・『ヨゾラ』と二つの世界設定があり、
その二面性のギャップがこのゲームの最大のキモといえる。
『アオゾラ』での何気ないセリフが『ヨゾラ』では別の意味を持っていたりする。
なので『アオゾラ』で始めて、終わったら同じルートの『ヨゾラ』をなぞるといいかな。

シナリオ構成はループ構成になっており、
各ルートを攻略していくことでキャラや世界の全貌が見えてくる。
そのせいもあってか一つ一つのルートは結構短い。
ルートによってはほとんど出番の無いキャラもいたりで1週目終了時の投げっぱなし感はスゴイ。

クトゥルー神話については詳しくないが、
キャラクター設定や用語など神話になぞっているようだ。
ウィキペディアなどで元ネタとなる神々と見比べてみると面白い。

バトル要素は大雑把な感じ。
しかし触手を使ったエログロ能力なので普通のバトルモノとは一味違う面白さがある。
どんな怪力を持ってしても、どんな武器を持ってしても、
うんこを体内にテレポートさせられたり、精液の海で強制妊娠させられたら、ひとたまりもない。
そして口上や、名乗りも格好佳い。

「我が名はクレオ!
 碑の守護者(ナイアラホテップ)たるクレオ!」
「大いなる使者、
 無限可能性(みらい)からの御使い
 未だ目の開かぬ無貌、奇異なる慶び、夜に啼く者、
 膨れっ面の娘、愛でられしものの頂点──」
「”テ”の種字(じ)を持つ《触手姫》(ラヴクラフト)なれば!」

兎子&クレオが特にしびれるw
とはいえ、ラスボス戦などもっと戦ってくれたらさらに盛り上がっただろうなと、物足りない部分もある。
オーガストvs兎子のシーンも互いの能力を駆使した戦いが見たかった。

BlackCycのお家芸ともいえる、グロスカ凌辱。
過去の作品は知らないので比較はできないが、言葉責めのセンスは絶品である。
さんきゅーべりーま○こ”なんてもう挨拶として定着するほどの名言。

アタシの事、笑い殺す気!? ずるい! それ、ずるい! あははははっ!

スカに関してはもうまさにてんこ盛りだ。
ルートキャラのほとんどは脱糞描写がある。
このスカ描写に関してはほとんどギャグで、うわぁ…といいつつ笑ってしまった。

気が付けば、あたしの糞便は
ちょっとした小山のようです。
便と一緒に、尿の方も出ていましたが、
これも、まるで小川のよう。
道路を汚水だらけにしてしまいました。

まじどんだけだよw

グロは本当にどん引きするところも。
兎子のあんじぇさまに拉致されていたときの話はまさに戦慄。

「うんこタンクのなかで……」
「いっしゅうかん、くらしてました……」

「わあ……!」
「おばさんにくだぁ……!」

加藤兎子はふこう♪ってレベルじゃねーぞw
マコトのスプラッタ凌辱や、クズコのボコォとかなかなかにグロイ。

昨今のエロゲ規制や障害者差別などへの風刺も挑戦的だ。
合意の上でのレイプ”や”アグ○スフォビア”などはもう直球すぎるw
たんぽぽさんの悲痛な叫びはまじ必聴です。

とまあ、シナリオには大きな不満もなく十分に楽しめた。
この容赦ない凌辱、言葉のセンスはぜひとも一度体験してみてほしい。

◆絵(★★★★☆)

絵に関してはやはり刺激的なものが大多数。
触手はもちろんだが、障害持ちとか、凌辱で人体の原型留めてないとか、
やっぱり普通のゲームにない状況な絵が多い。
萌えゲーにマンネリを感じてきたらいい刺激になるだろうw

◆キャラクター(★★★★★)

どのキャラも個性的でおもしろい。
あまり見かけない声優さんも多いが、これを機に名前を覚えてきた。

・玲壱
本作の主人公。
しかしオーガストの触手ということで表だった活躍はあまりないかな。
オーガストへの献身的介護が見せ場かw

・オーガスト
CV.澄白キヨカさん。 やや高慢な態度から、しおらしい素直なところもいい味だしてます。
四肢欠損ということで、玲壱があれこれと介護お世話するのだが、
切断面ポリポリとか、鼻をほじってあげるだとか、独特のシチュエーションになかなか萌えてしまう。

・兎子
CV.榎津まおさん。
兎子の不幸ぷりは壮絶すぎてやばい。
あんじぇさまに誘拐されて1年以上拉致、調教される。
食人・食糞・脱糞・嘔吐・千年凌辱etc…。 まさに不幸のヒロイン。
玲壱をネトった罪は重かった…。
それでも母親として強くなるところに人気が集まったのか。
根性貞操帯切除は圧巻。

・雫先輩
CV.愛媛みかんさん。
個別ルートがなく、見せ場が他ヒロインに比べて弱いのが残念。
顔面ファックの発想はなかったw

・こいぬ
CV.野宮香央里さん。
生粋のいじめられっこで、しまいには病んでくる。
この現実の発端の夢見る少女。
「あんたなんか……次の”世界”でいじめてやる!
 兎子ちゃんなんか変質者に誘拐されぇ!
 オーガストはダンプに轢かれてまえ!」
これがヨゾラのはじまりなのか。

・マコト
CV.みすみさん。
触手が刃という正統派主人公っぽい。
こいぬを守ると意気込むも、簡単に攫われてしまったり、自分で犯しちゃったりで報われない。

・あんじぇ
CV.芹園みやさん。 恋姫・鈴々の印象が強いが、それに負けないキャラだw
本名、安西睦美。彼女は変質者で誘拐犯で狂人です。
あんじぇさまのアートはエグすぎてどんびきです。
あんじぇさまあんじぇさまあんじぇさまあんじぇさまあんじぇさまあんじぇさまあんじぇさまあんじぇさまあんじぇさま。
はい、ひっひっふー、ひっひっふー。
一見ラスボス風な立ち位置にいるも、あっさり倒されることが多く小物染みてるところがある。

・たんぽぽ
CV.西野みくさん。
「アタシの凌辱はポエムなのよ!」
数々の名言を生み出すたんぽぽさんはまさに詩人。
自分が超ヒサ~ンとか言われちゃうと、「にゃんで、そんなひどい事言うの……」といじらしくなるところも良い。
出番が前半のみで、ほぼかませというのが本当に惜しい。

・長政左子、右彦
CV.黒岩心々さん。
結合双生児というインパクトは強烈だが、ゲームでの出番は少なかったのが残念。
あまり結合してることに周りが触れないのがもったいなかったかな。
レズの左子とホモの右彦のダブル結合凌辱とか欲しかった。

・クズコ
CV.渋谷ひめさん。
池沼でとにかくうんこまみれ。 えへへ~という笑い声はいい演技していた。
無邪気ぽさがかわいくもあるが、不憫でもある。
「犬のうんこ食ったら100円あげるぞ」「ほんとぉ? やるー!やるやるーたべるー!」「ひゃっくえーん、ひゃっくえーん♪」

・チヒロ
CV.おぼれ谷リアスさん。
数少ない良識人。
超振動にはピンクローター、電撃にはコンドーム、ミ=ゴにはテ○ガ、貞操帯には性器を…。
触手姫の能力に大人の玩具で対抗する様はカッコイイw

・クレオ
CV.鈴谷まやさん。
まさかの受精卵ヒロインw
母親が1000年凌辱されてる間、修行してスーパー受精卵にパワーアップ。
「愛こそは、人類至強の力にして最高の宝」
母子の絆すばらしい。

・タエ
CV.富樫ケイさん。
「いあ いあ はすたー! はすたあ くふあやく ぶるぐとむ ぶぐとらぐるん ぶるぐとむ あい あい はすたー!!」
結構面白いキャラなのになんで最下位なんだろうw
普通の人間のはずなのに、すごい跳躍力をみせる。
真ルートでしか出番がほとんどないが、そこで結構おいしい役回りしてるんだけどな。
ハスターやクトゥルフといった神は存在しない。ただの創作、SFです。

・ランディ
CV.立花十四郎さん。
意外と駄犬ぷりをみせてくれる。
近所の野良犬が何故みんなレトリーバー系なのか?w
だるまオーガストを転がすなw

・八忘
CV.野宮香央里さん。
ダークこいぬ、ブラックこいぬ、ミラーこいぬ。
「残念! ざまあ! ざまあ!」
ざまあみろ、の短縮形。
影の黒幕。 あんじぇをも手玉にとる恐ろしい子。

◆音楽(★★★★☆)

主題歌は電気式華憐音楽集団です。
主題歌だけでなくBGMも担当しています。
OP曲「Elder Things」は本編のクライマックスでも流れ、その疾走感で盛り上がる。
何も変わらない日々を恨んで 夢の中に生き続けた” あたりはこいぬのことを言っているのか。
「いちばん おには さんばしの したで うごめくみかげに おどろく ななや はちひきの すくう じゅうぞくのやくそく」” の部分は何か意味深だがよくわからない。
一から十まで数えてるみたいだが。

そしてED曲「Melancholic Rhythm」はタイトル通り、まどろみを感じるゆったりした曲。
こちらは普通に玲壱視点な歌詞かな? なんとなく『いちゃ・らぶ♪』END後って感じ。

さらにもう一つのテーマ曲(?)である「ずいずいずっころばし」。
信号機の曲として、キャラのセリフとして、随所に流れる。
この曲の流れる交差点で事故は起こった、それが始まり。ってことで印象深い曲なのか。
着信音とかにちょっと欲しいw

BGMも悪くなかった。

◆演出(★★★☆☆)

風呂場のシーンでの湯気の演出は面白かった。
だんだんもわもわと湯気でCGが隠れていくのだが、マウスカーソルを動かすと拭き取れるという。
湯気をいっぱいにして、ラクガキなどで遊んだのは俺だけじゃないはずw

オーガストとのHシーンで、ジタバタ暴れるのが激しい。
2枚のCGをGIFアニメのように入れ替えてるだけだが、ジタバタしてる感じがよく表れている。

あとは細かいところで、立ち絵で触手がふよふよ動いてるところとか、オーガスト再合体とか、些細だが動きがあってよかった。

◆ゲーム性(★★☆☆☆)

ルート分岐が結構細かく分かれてエンディングも多いので回想100%を達成するのにはなかなか手間がかかる。
単純だが選択する楽しさみたいのはそれなりにあったかな。

◆エクスタシーン(★★☆☆☆)

いわゆるエクスタシーを感じるシーンはとても少なかった。
触手凌辱シーンや、脱糞シーンで興奮する性癖はまだ目覚めてないものでw

オーガストのフェラ、街中SEXぐらいかなエロかったのは。
凌辱はエロスより、言葉責めがおもしろくて笑ってしまったのが多い。

・オーガスト
お風呂介護、おしっこだっこ、おま○こ、ありがとうございます♪、ジタバタ初体験、貞操帯悶絶、ミ=ゴ出産、フェラ、街中でだっこしてイン

・兎子
ミ=ゴにじゅっぷじゅっぷ、振動電撃凌辱、脱糞、クトーニアン体内侵入、クレオの慰め、玲壱と気晴らし、貞操帯悶絶

・雫
脱糞、触手凌辱全国放送、顔面挿入

・こいぬ
振動凌辱、自慰、ミ=ゴ出産、触手凌辱脱糞、2穴挿入スプラッタ、いじめ放尿飲尿、貞操帯悶絶、サイレントセックス

・マコト
自慰、触手凌辱脱糞、触手処女喪失

・あんじぇ
ミ=ゴの復讐輪姦

・たんぽぽ
振動電撃凌辱、複乳化、スプラッタ凌辱

・長政姉弟
触手凌辱

・クズコ
人間汚水処理場

・その他
モブの出産×2

◆システム(★★★☆☆)

システム周りはあまりよくない。
コンフィグでは最低限の項目しかない感じ。
ただF4を押すことで未読部分までシーンスキップする機能があるのはすごく良かった。
何度も周回プレイすることになるのでテキストスキップだけでは面倒くさかっただろう。

◆総評

触手凌辱ゲーというのはやったことなかったが普通に楽しめたな。
グロ描写が少ないので初心者にもやさしいから、ぜひともお友達にもおすすめ。

次回の”世界”は8月より開始いたします。キャストの皆様はご注意を。
FDも決定してるのでさらに広がる世界に期待だ。

点数は85点。
シナリオのアイデア、表現の面白さ。
キャラクターの個性、可愛らしさ、格好佳さ。
主題歌ももう何度も聞いている良曲。
どれも満足できる、佳い作品だった。
これそのうちアニメ化しないかな。

2010年05月23日 23:04 - Posted by | エロゲ, エロゲ感想 |

2件のコメント »

  1. さんきゅーべりーま○こ!これで今年の流行語大賞が決まったな!wセリフが面白いのはいいけど、これ見る限りだととても初心者にお勧め出来る内容に思えないぞw人間汚水処理場ってひどすぎじゃねwアニメ化するとしたら確実にエロアニメだよなw

    コメント by 大和 | 2010年05月24日 16:13

  2. ゲーム感想評価って項目からきましたwクリトル85点って高評価だなこの内容でニメ化されたら規制だらだけだろw

    コメント by 管理人 | 2010年05月25日 20:35


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中