はわろぐ

信じて・・・こころがときめいた瞬間を

イタリアを舞台に戦う、少女と大人の物語

 amazonへ

2008年1月より放映されたアニメ『GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-』をみて
面白くてコミックスを購入しはじめた今作。
アニメは変に話題にナッテタナーw

それはさておき、最新11巻。
ジョゼさんらの仇のテロリストたちと大規模な戦闘がメインとなっている。
今まで影の薄かったベアトリーチェが活躍し、殉職。
他にも初登場の1期生キアーラとシルヴィアの二人がいたが、シルヴィア殉職。
この少女たちの悲壮感がガンスリの魅力か。
ヘンリエッタは何やら過去の記憶を垣間見てるようで役立たず。
リコは援護。
トリエラはビーチェとともに特攻、そして生還。
ペトラはムラムラする。
クラエスは園芸楽しいわ。

これから1期生たちがどんどん死んでいくとしたら悲しいよ・・・。

2009年09月11日 20:45 - Posted by | 書籍

1件のコメント »

  1. 殉職する子もいるのか・・・自分が気に入ったキャラが死んだ時とかってせつないよな・・・

    コメント by 大和 | 2009年09月16日 19:12


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中